地元で安心 リフォーム

「リフォームは地元の工務店がおすすめ」の理由

”開けてみないとわからない”のがリフォーム

何もないところからつくり上げていく新築とは異なり、既存の建物を改築するリフォームは、言ってみれば外科手術のようなもの。外から見て一応の見当はつけていても、開けてみると現代の規格に合わない部材が使われていたり、思ったよりも老朽化が進んでいたりといった事態が起こり得ます。

しかしそのたびに「全部取替え」などと言っていると、お客様の予算がオーバーしてしまいます。そこで地元で長年、建築の現場に携わっているベテラン監督・ベテラン大工の経験が物を言うわけです。地域の気候風土を良く知り、昔の家の建て方にも馴染んでいる地元工務店が安心な理由の一つです。

”開けてみないとわからない”のがリフォーム

リフォームで見違えるようになったダイニングキッチン。でも隣のリビングが何だかみすぼらしく見えてしまう!?リフォームでよくあるのが、この“新しくしたことで、旧い部分のアラが目につくようになってしまった”というものです。こういうことのないように<つなぎ目>の部分の微妙なさじ加減が大切なのですが、打ち合わせに時間がかかるため、ついつい“言われたことだけする”業者が多いようです。

正喜建築では地元の利を活かして、打ち合わせはかなり綿密に行います。新旧の<つなぎ目>の部分には細心の注意を払っています。また第一期、第二期、第三期というように、何回かに渡って徐々に新しくしていくことも可能です。

新しくした部分と、そのままの部分の違和感がないように配慮しています
”開けてみないとわからない”のがリフォーム

お客様にとって一番大変なのが、相当大規模なリフォームでない限り、そこで生活しながらのリフォームになるということです。足場ができ、朝から夕方まで職人が出入りして、思うように部屋が使えない。これはお客様にとって、かなりの精神的負担であることは間違いありません。こういう時にもどこの誰だかわからない人間が出入りするよりは、身元の確かな、地元でちょくちょく顔を合わせる人間がお邪魔する方が、少しはストレスの軽減につながるのではないかと思います。

もちろん、それに甘えることなく、正喜建築では現場の整理整頓・お客様への礼儀・職人のマナーなどを常に厳しくチェックしています。また、スペースがあれば仮設のキッチンやお風呂を作って、できるだけ普段と変わりなく生活していただけるよう工夫しています。

古い浴槽を物置小屋の一角に設置して、仮のバスルームとしてリフォームの期間中使用できるようにしました

一ヶ月間のリフォーム工事だったのですが、それはもうこちらが驚くくらい心配りしていただきました。うちは表でお店を出しているのでその邪魔になってはいけないと、職人さんたちは裏の窓から出入りされて。おかげでお店に来られたお客様は何も気づかないまま、工事を済ませることができました。私は大工さんというものは、もう少し気が荒いというのか、自分のペースで仕事をされるというイメージを持っていたのですが、それが完全に覆されましたね。あくまでもこちらの生活に合わせて仕事をしてくれるんですね。

リフォーム後の我が家は断熱材も入ってとても暖かです。お店との境の窓が予算的にアルミサッシだったのですが、「味気ないなあ」と思っていたら、いつの間にか木製サッシにしてくれていました。お値段以上のことをしていただいて、本当に感謝しています。もう少ししたら、店のリフォームもぜひ正喜建築にお願いしようと思っています。

家族みんなの意見が反映されていますか?

たとえば母屋と廊下でつながった離れに若夫婦が住んでいて、リフォームする場合を想定してみましょう。家族と工務店との打ち合わせの場で、意見を述べにくいのが“お嫁さん”です。お嫁さんは決して舅さんや姑さんと仲が悪いわけではありません。それでもちょっとした独立感がほしいというのも、本音の部分であると思います。

こういう“ちょっとしたこと”をおざなりにしたまま進めてしまうと、リフォーム自体がうまく行かないことが往々にしてあります。そういう事態を避けるためには、家族全員の要望をきちんとお聞きし、みんなが納得した上で進めることが最も重要です。正喜建築がとにかく“お話を聞くこと”に重点を置いているのも、以上のような理由からです。

「私の気持ちを組んでくれているんだと思って、嬉しかったです」

リフォームの打ち合わせの時、私はお姑さんが居るとどうしても出しゃばらずに控えなくちゃという気持ちになってしまうんです。そんな私の様子を正喜建築の先代社長が見ておられたんでしょうね、世間話のついでみたいにして私の意見を聞いてくださったんです。嬉しかったですよ。

「私の気持ちを汲んでくださっているんだ」って。おかげでとても気持ちよく過ごせる部屋になりました。技術的なことや仕事ぶりも大切ですが、こういう目に見えない部分を大切にしてくれたことが、私にとってはとても幸せなこととして強く印象に残っています。

後々のケアは大丈夫?

工事の後、不具合が出たのでリフォーム会社に電話をしたら会社がなくなっていた!?リフォーム業界ではそれほど珍しくはないケースです。そういった会社が責任のある施工をしてくれるとはちょっと考えられません。飛び込み訪問や電話番号だけしか記載されていないチラシには十分注意して下さい。

正喜建築は地元に根付いて約40年、逃げも隠れもしません、というかできません。ネジの緩みやパッキンの取替えから、お家まるごとのリフォームまで、責任をもって誠心誠意努めさせていただきます。もちろん何かあればすぐに駆けつける体制を整えています。またパナソニックのリファインショップの加盟店でもあり、見て体感していただけるショールームも備えています。どうぞ安心してご相談ください。

正喜建築のリフォーム 実例
「築55年の旧家が、明るく使いやすく大変身」

築55年の旧家。建替えかリフォームかで迷っておられましたが、材料も良いものが使われていたのでリフォームをおすすめしました。まずは屋根を葺き替え、外壁を黒く塗ってシャープな印象に。

劇的に変化したLDK。床にナラ材を使い、他の部屋とは少し違うモダンな雰囲気に。化粧梁をほどこした天井もおしゃれです。

広い土間の一部を改装して居室にしました。壁や建具は古い物をわざと残して古民家風のほっこりとした味わいに。床は色艶の良いひのきを使っています。

こちらは脇玄関から入ったところ。
ここも土間の一部を、ご主人が釣りやスキー道具の手入れをする部屋へと改装。なんとも贅沢な空間の使い方です。

家事室、浴室もこんなに素敵に使いやすくなりました!

M様のリフォーム体験記

手描きパースの提案に心を鷲掴みにされました

リフォームを決断した時に、近くの正喜建築と名古屋のマンションも建てているような中堅の会社、そして岐阜のリフォーム会社と3社に見積り依頼したんですよ。そのための打ち合わせで、正喜建築の松田さんは他の会社とは決定的に違っていたんです。どう違っていたかと言うと、他の2社は私の意見に従って「それならこういう風にできますよ」と言ってきたのに対し、松田さんのは「こうしましょう」という提案だったんです。それだけ聞くとなんだか出しゃばった人みたいな印象かもしれませんが(笑)、その提案に手描きパースが添えられていて、それがすごく良かった。見た途端わーっと夢が膨らみました。その瞬間、値段のことも大切だけど、自分たちの思いがどれくらいわかってもらえて、親身になってもらえるかも重要だということに気がついたんです。

自分の目で会社を見て決めました

リフォームができるかどうかの下調べの時にも、松田さんにはビックリさせられました。埃まみれになって小屋裏に入って行くんです。ご本人に聞くと「ダイニングの柱を抜きたかったので、それが可能かどうかを調べるには上がるしかなかった」とのことでしたが、仕事に対して情熱のある人だなあと思いましたね。でも私は用心深いから(笑)、会社もちゃんと確かめましたよ。当時まだ社長をしていらした先代、そして現社長の祐路さん、社員の方々にお会いしました。そしてお話ししてみると、こちらの細かい質問にも実に真摯に答えてくださる。まだ契約していないのにですよ。私は最後まで建替えかリフォームかで迷っていたのですが、正喜建築では自分たちの得になる方に話をもっていこうとは絶対にしませんでした。この会社はとても正直だなと思い、お願いすることを決心しました。

いかにも職人らしい職人さんでした

築55年の我が家では土間部分のリフォームもあったのですが、これが結構難しいらしいんです。水平レベルに狂いがあるので、何度も調整しなくてはならないそうです。とても根気の要る仕事なのに、職人さんたちは最後までビシッとして、無駄口を叩いているのを見たことがありませんでした。昼休みに黙々とカンナを研ぐという、今どき珍しい光景も正喜建築では当たり前のようでした。また、建具など思い出のある物たちを「これは良いものだから残しましょう」と言ってくれ、うまく活かしてくれたのも嬉しかったです。

みんなが納得できるリフォームになりました

リフォームしたおかげで気密性が良くなって、住み心地は格段に良くなりました。ダイニングルームはみんなのお気に入り。食事も一緒にしますが、暇さえあればみんなが集まってきます。父母にしても祖父母が建てて、数々の思い出が染みついている家だから、本音を言えば建替えてほしくはなかったと思うんです。そういう意味でも松田さんが親身になって話を聞いてくれ、みんなが納得の行く形でリフォームしてくれたことに感謝しています。やはり家はどこかでつくって持ってくるようなものではなくて、その場所でつくり上げていくものだから、地元のよくわかってくれて、しょっちゅう足を運んでくれる会社に任せるのが一番、いまでは心からそう思っています。

リフォームする

  • 地元で安心リフォーム
  • ビフォー&アフター
  • ガイナの家リフォーム
各種お問い合わせ・資料請求はこちらから
  • わかりやすい資料がほしい
  • ちょっと聞いてみたいことが・・・
  • 家づくりの勉強会や見学会に行ってみたい
  • 雨楽な家の資料が欲しい
  • 羊の家の資料が欲しい
  • リフォームを相談したい
お電話でのご相談、資料のご請求もお気軽にどうぞ!
ページトップ

Copyright (c) Masaki Kenchiku ALL Rights Reserved.| Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト 注文住宅 名古屋