建替えをする

よくある悩みの一番は・・・

建替えか、リフォームか

生まれ育った愛着ある実家。思い切って建替えるのか、内部だけをリフォームするのか、そう簡単に決められないのは、当然のことです。正喜建築でもこうしたお悩みを毎回と言っていいほどお聞きします。その時に必ずお伝えするのは、どちらを選んだとしてもそれぞれにメリット・デメリットがあるということ。私たちはそれら一長一短を率直にお話しし、決して急かさず、家族で時間をかけて検討していただいてからご判断いただくようにしています。建替えの主なメリット・デメリットを、リフォームの場合と比較しながら挙げてみましょう。

建替えのメリット
地盤を触ることができる

古い建物を解体していったん更地にする建替えでは、地盤が緩んだり、傾いていたりした場合に補強をすることができます。耐震補強についても同様です。一方、構造体を残すリフォームでは地盤を触ることはできません。

現在の生活スタイルに100%合わせられる

建物を新築するわけですから、現在の家族構成や生活スタイルに合わせて、間取りを自由につくることができます。リフォームではどうしても抜けない柱や壁が出てくるため、建替えほどの自由度は望めません。

内装・設備のグレードを上げられる

これは建替え・リフォームに共通のメリットですが、土地購入の費用がかからないため、その分を内装・設備に回すことができ、土地から購入される方に比べよりグレードの高い仕上がりが期待できます。

建替えのデメリット
建物が以前より小さくなる場合がある

20年30年前と現在とでは、建築基準法や自治体ごとの建築条例などが改正によって変わっています。新しく建てる場合に、既存の建物ではOKだった建ぺい率が適応されず、建物を縮小せざるを得なくなることがあります。リフォームであれば構造躯体をそのまま残すため、建物の大きさは変えずに済みます。

再建築する場合、以前と同じ大きさの建物が建てられないケースがあります
目に見えない費用が発生する

更地を購入して建てる場合と比較し、建替えでは解体費が余分にかかります。リフォームと比較すると、解体費に加えて仮住まい費・引越し代・地盤改良費・建築代・設計費などが必要となりますので、より綿密な予算計画が必要です。

建替えでは既存の建物の解体費がかかることを忘れないで
正喜建築の建替えは・・・
思い出はしっかりと残します

長年家族と苦楽を共にした家を壊すのは、私たちのように長年建築に携わっている者にとっても、独特の感慨があるものです。ましてご家族にとっては、体の一部を失くすような喪失感を味わうと言っても大げさではないと思います。そうしたご家族の気持ちに十分に配慮した上で、最終的に喜んでいただけるようにすることが、建替えをする者の使命だと思っています。

私たちは十分な聞き取りを行い、思い出の品を出来る限り新しい家でも活かせるように工夫しています。機械でバリバリと壊すのではなく、大切な部分は手作業で丁寧に解体しているのも、残しておきたいものを壊さないためです。お庭の植栽も工事中は他所に預けて大切に世話してもらい、工事完了後に戻させていただきます。

建具などまだ使えるものは、できるだけ再利用します。お客様の思い出を大切に・・・
大切な近隣への配慮

家の解体というものは想像以上のホコリやゴミが出るものです。そのため解体の1週間前にはご近所への挨拶を済ませ、解体中もシートで覆ってホコリ等の飛散を極力防ぎます。終了後、再びご挨拶に伺い、問題がなかったかをお尋ねしています。建替えて、またもとの場所に住むわけですから、私たちのせいでお客様がご近所と気まずくなっては取り返しがつきません。これは建替えに限らずリフォームでも新築でも同様です。工事に入る前にまず近隣への心配りをするのは、正喜建築の鉄則です。

建替え中もできるだけいつも通りに

たとえば建替えの間、若夫婦のファミリーが母屋でご両親と同居するといった場合、水回りを共有することによって、結構ストレスが溜まることがあります。そこで正喜建築がよく行っているのが、古い流し台や浴槽を利用して仮設のキッチンや浴室をつくること。あくまで仮ではあるものの、母屋とは別にキッチンや浴室があって便利だと喜ばれることが多いのです。工事期間中も、できるだけいつも通りの生活ができるように、関わるスタッフ全員が心がけています。

古い浴槽を物置小屋の一角に設置して、仮のバスルームとしてリフォームの期間中使用できるようにしました
正喜建設の建替え 実例
津島市N様
「築25年の母屋を建替えて、離れに住む両親とはスープの冷めない距離に」

正喜建築に決めた理由は、打ち合わせが楽しかったことと、標準仕様でここまでできるの?と思ったことでした。

新築を建てる

  • 本物の木 × 職人の手仕事
  • 羊毛断熱 × 手の届く価格
  • 理想の住まい 『平屋の家』
  • 『建替え』という選択
各種お問い合わせ・資料請求はこちらから
  • わかりやすい資料がほしい
  • ちょっと聞いてみたいことが・・・
  • 家づくりの勉強会や見学会に行ってみたい
  • 雨楽な家の資料が欲しい
  • 羊の家の資料が欲しい
  • リフォームを相談したい
お電話でのご相談、資料のご請求もお気軽にどうぞ!
ページトップ

Copyright (c) Masaki Kenchiku ALL Rights Reserved.| Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト 注文住宅 名古屋