雨楽な家

日本の美意識や伝統文化を次代に

本物の無垢の木と自然素材でつくる木造軸組の家を、若い世代の人々に手の届く価格で提供し、日本人の美意識や伝統文化を次代に伝えたい。『雨楽な家』はそんなコンセプトのもと、広島の建築事務所(株)リックによって開発されたブランド住宅です。

<住宅こそ職人の手仕事の復活を。国産材を活用し林業の活性化と環境の保全を。化学物質をできる限り排除し自然素材で健康な住まいを。これが日本の家だよと世界に誇れる家づくりを次代に伝えていくのが私たちの使命・・・>。開発者である(株)リックのホームページにはそう高らかに謳われています。

智恵と工夫で省コストを実現

しかし、本物の材料、職人の手仕事を生かした木の家とはいえ、コストが上がっては何にもなりません。『雨楽な家』ではあくまでも本物を省コストで提供するのが基本理念。そこで柱も梁も床板も本物のひのきや杉ですが、一等材という節はあっても強さは変わらない材料を選びました。また、職人の手仕事も手の込んだいわゆる“凝ったもの”ではなく、“素材感を生かした美しさ”に特化しました。無駄をそぎ落としたあとに残る本質。引き算の美学。シンプルなデザインは、省コストにも貢献しているのです。

  • 雨楽な家のこだわり
  • 雨楽な家の自然素材
  • 正喜建築なら建てられる
  • お客様の声

雨楽な家のこだわり

健康

化学物質をできるかぎり排除しました。シックハウスとは無縁の健康住宅です。マイナスイオンが一杯の室内。空気の質にこだわりました。

素材

柱や梁や床板は、ひのきや杉などの無垢材を使用。いぶし瓦・漆喰・和紙・土。自然の恵みで創る家です。
 
 
 

省コスト

若い世代に手の届く価格で本物の木の家を建てたい。そんな願いが知恵と工夫を生みました。無垢の木でも一等材という、節はあっても強さは変わらない材料を使用。またドアを減らした開放的でシンプルなデザインも、省コストのための工夫の一つです。

デザイン

日本の伝統文化と数寄屋の手法を生かした粋な味わい。若い感性にマッチするシンプルモダン。卓越した構造美がデザインに生きています。

土間・吹抜

故郷の匂いのする土間空間で、吹き抜けの構造美を見ながら暮らしたい。温室、遊び場、趣味工房。土間は家族の楽しい夢がひろがる自由広場です。

構造美

木造軸組み・真壁の家は我が国の気候風土に深く根差した工法です。無駄のない柱と梁の力学的バランスのみごとな調和は日本の家の真髄です。

手仕事

人が暮らす家こそ職人の技を活かしたい。大工・左官・建具職人・瓦職人が本物の素材にものづくりの魂を入れて造り上げた住まいです。

大空間

開放的な吹き抜け空間と掃出し窓を多用して、採光と通風に配慮しました。田の字型のシンプルな間取りに引戸と大開口。気持ちいい空間です。

雨楽な家の自然素材いろいろ

桧

ひのきは香り高く美しく、丈夫で湿気に強く虫がつきにくい最高の材料です。柱、土台、床板などに用います。

杉

杉は調湿性や断熱性が高く、温もりがあり肌ざわりの良い素朴な材料です。構造材にも造作材にも用います。

いぶし瓦

いぶし瓦は耐久性、耐寒性に優れた日本の建築美の象徴で、素朴な自然の風合いを長く保ちます。

和紙

丈夫で美しい和紙は、室内の壁や天井に貼る、建具に伝統色の和紙を貼る、障子越しの柔らかい光を楽しむなど、様々な使い道がある優れた建築材料です。

漆喰

漆喰壁は耐火性、耐久性に優れ、吸放湿性が高いので良好な室内環境を保ち本物の質感を楽しめます。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は耐熱性、耐酸化性に優れ、独特のスパングル模様をもつ上品な素材です。

石

自然石をアプローチや庭に活用したり、豆砂利や玉砂利を土間に用いて本物の質感を楽しみます。

畳

畳は耐熱性が高いので、冬は温かく夏はひんやり感じます。鎮静効果のある独特の香りが魅力です。

愛知西部・三重東部で「雨楽な家」を建てるなら、正喜建築へ

『雨楽な家』を開発した(株)リックでは、全国のやる気のある工務店とネットワークを築き、「多くの若い世代の人々に、本物の木の家を手の届く価格で提供する」ための事業を展開しています。私たち正喜建築もその志に賛同し、会員工務店として活動しています。

日本で昔から使われてきた材料を用い、伝統工法で建てるだけに、工務店には無垢の木の扱いや、木をきれいに見せる仕上げなどに長けていることが求められます。つまりものづくりに対する思いと高い技術力があることが、『雨楽な家』を施工するための必須条件となるのです。

正喜建築は本格的な修業を積み、社寺の施工も手掛けた初代・隠崎正喜が創業した会社。技術力と匠のプライドは正喜建築の伝統です。また地元密着の企業であることから、プランニングはお客様の意志を尊重して十分な時間をかけますし、アフターや保証についても万全の体制を整えています。技術力が確かで、お客様への責任をきちんと果たす正喜建築に、『雨楽な家』の施工はぜひお任せください!

雨楽な家を建てるなら、豊富な実績と技術力に自信のある正喜建築へ!
お客様の声
津島市 N様
「夢で終わりそうだった無垢の木の家が自分たちのものに」

無垢の木の家に憧れていたのですが、ハウスメーカーなどで聞くと目の玉が飛び出るような金額を提示されるんです。所詮夢でしかないのかなあと気落ちしていた時に、偶然正喜建築さんと出会いがありました。お話を聞いてみると、国産の無垢の木だし、漆喰だし、何だか良さそうなんですよ。しかもお値段を聞いてびっくり。「え?そんなんでいいの?」って。これなら私たちにも手が届くと思える金額だったんです。

2012年の春に引っ越してきたばかりですが、毎日をとても楽しく過ごしています。子供たちは無垢の床が気持ち良いのか、すぐに靴下を脱いでしまうんですよ。家の中を元気に走り回っているのを見ると、建てて良かったなとしみじみ思います

三重邸 T様
「シンプルなデザインと自然素材って、 絶妙の組み合わせですね」

若い頃にはログハウスに憧れていました。それから輸入住宅も良いなと思うようになり、40歳を超えた今では「やっぱり和が一番だ」と感じるようになっています。そうなってから雨楽な家に出会えて良かったです。見た目のインパクトに魅かれていた若い頃に出会っていたら、もしかしたらスルーしていたかもしれません。でも今はシンプルなデザインや日本の伝統建築の良さが、とても心地よく感じられますし、そのシンプルなデザインを引き立てているのが自然素材だということも、よくわかります。

妻も自然が大好きなので、雨楽な家を建てることについては大賛成でした。「雨の日も家の中が湿気ないし、洗濯物を部屋干ししても変な匂いがしない」と喜んでいます。歳月と共に木の色が変わっていくのを今から楽しみにしていて、「お父さん、普通の家は古くなると悪くなっていくというイメージがあるけれど、雨楽な家はいい感じに変わっていくという予感があって、そういう先に楽しみのある家っていいね」と言ってくれました。それを聞いてすごく嬉しかったです。

愛西市 A様
「小さく建てて、広々暮らせています」

我家は『雨楽な家』の平屋なのですが、小さい家なのに天井が高いせいか圧迫感がなくてとても快適に過ごしています。正喜建築さんとはたまたまチラシを見たのがご縁になりましたが、こういうちょうど良い大きさの平屋を建てているところってなかなか無いし、モデルハウスもないので、出会うことが出来て本当に良かったと思います。

おかげさまでとても親子4人、快適に過ごしています。引き戸を開け放していると本当に広々としていて、遊びに来た友人もこの家が29坪だと聞くと「えーっ、信じられない」と驚いたり、「外から見た目より、中に入った方が広いね」と言ったりしてくれます。使い勝手もとても良くて、家事のストレスもありません。広いとお掃除も大変だし、かえって物も増えてしまうでしょう?私たちはできるだけ家の中の物を減らし、大切に使いたいと考えているので、そこも雨楽な家のコンセプトとぴったりなのかな、と思います。

新築を建てる

  • 本物の木 × 職人の手仕事
  • 羊毛断熱 × 手の届く価格
  • 理想の住まい 『平屋の家』
  • 『建替え』という選択
各種お問い合わせ・資料請求はこちらから
  • わかりやすい資料がほしい
  • ちょっと聞いてみたいことが・・・
  • 家づくりの勉強会や見学会に行ってみたい
  • 雨楽な家の資料が欲しい
  • 羊の家の資料が欲しい
  • リフォームを相談したい
お電話でのご相談、資料のご請求もお気軽にどうぞ!
ページトップ

Copyright (c) Masaki Kenchiku ALL Rights Reserved.| Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト 注文住宅 名古屋